車

いざという時のタイヤチェーン|タイヤ交換時の値段の違い

交換前の注意事項

車輪

車のタイヤは消耗品であり、定期的な交換が必要です。タイヤの寿命は走行距離や走る場所などによっても異なりますが、どのタイヤでもスリップサインがきたら交換しなければなりません。スリップサインを過ぎてしまうとタイヤ本来の力が発揮できず、雨の日などにスリップしてしまい大変危険です。そうならないためにも定期的な交換は欠かせません。タイヤ交換を行うのであれば、購入するタイヤサイズに気を付けましょう。タイヤ交換をするのであれば、愛車のタイヤサイズを知っておかなければなりません。まず、必ず確認すべきなのはインチです。インチはタイヤの内径を表しているものであり、このインチ数はホイールとタイヤのサイズをぴったり同じものにしなければそもそもタイヤを履くことすらままなりません。インチの次に大事なのが横幅です。この幅もホイールと同様になるよう選ぶ必要があります。どのタイヤが最適かが見分けがつかない場合は、タイヤ屋の方に聞いてみるとよいでしょう。

乗り心地重視の方であれば、扁平率が大きいものを選んでみましょう。扁平率によって衝撃をどれくらい吸収できるのかが変わってきます。タイヤ交換をする場合は、その店舗で今履いているタイヤを処分してもらうとよいでしょう。タイヤ交換に加えて、バルブもそのタイミングで交換しておきましょう。タイヤの空気を入れるための場所はゴムが使用されているので、バルブのゴムに亀裂などが入っているとそこから空気が漏れ出してしまいます。そのため、バルブの交換も定期的に行うようにしておきましょう。